看護部教育体制

教育理念

病院理念、看護部理念・基本方針に基づき、患者中心の親身な看護・介護サービスを提供できる人材育成を目指します。

教育目的

人として大切な優しさ、豊かな感性、思いやりの心、広い視野をもったヒューマンスキル、エビデンスに基づいたテクニカルスキルを習得し、自律した看護職・介護職を育成する。

教育目標

1.知識・技術を習得し、エビデンスに基づいた質の高い看護・介護の実践能力を育成する
2.高齢者の尊厳を大切に、看護観・介護観を育み”何よりもいたわりの心で”親身な看護・介護の実践ができる
3.患者・家族との信頼関係を確立するために、コミュニケーション能力を高め、より良い人間関係を築く能力を養う
4.多職種と連携し、チーム医療の一員として責任を果たすことができる人材を育成する

看護部教育カリキュラム

看護職、介護職一人ひとりが各経験レベルに応じたステップアップを目指し、年間教育計画に沿って、
目標管理システム(能力開発カード)・ポートフォーリオを活用しています。
院外研修、院内研修も充実、いつでも自己学習ができるe-ラーニングも導入し、スキルアップに役立っています。

    新人教育
 新人看護職員研修・新人介護職員研修プログラムに沿った研修
 到達目標:新入職員として必要な知識・技術を習得するとともに職場環境に馴染み、組織の一員として基本的態度、知識、技術を身につけることができる。
 
  •     レベルⅠ    
  到達目標:基本的知識・技術・態度を習得し、手順書に従い、助言を得ながら安全な看護・介護の実践ができる。

   レベルⅡ
  到達目標:標準的な看護・介護計画に基づき、ケアの受け手や状況(場)のニーズを捉え、自立して看護・介護の実践ができる。

  レベルⅢ
  到達目標:ケアの受け手や状況(場)の特性を踏まえたニーズをとらえ、多職種連携ができ、個別的な看護・介護の実践ができる。

 レベルⅣ
  到達目標:幅広い視野で予測的判断を持ち、ケアの受け手や状況(場)を統合しニーズをとらえ、取り巻く多職種の力を調整し連携、様々な技術を選択・応用し看護・介護の実践ができる。

レベルⅤ
  到達目標:より複雑な状況において、多職種間の中心的役割を担い、ケアの受け手にとって最適な手段を選択し、QOLを高めるための看護・介護の実践ができる。

看護学校臨地実習施設(老年看護学実習 統合と実践実習)

  • ●博多高等学校 看護専攻科5年生
  • ●精華女子高等学校 看護専攻科5年生


 新人看護師研修(集合研修)


 新人看護職員研修修了式

 

交通アクセス

〒811-0204
福岡県 福岡市東区 奈多1丁目4-1

病院から巡回バスあり

お電話でのお問い合わせ

092-608-1511

採用担当者